未経験者の履歴書とは

システムエンジニアとしての就職を目指す場合、経験があれば実績を示すことで採用されやすくなる。しかし一方で、未経験の場合は採用に不利になると感じて不安になり、エントリーに二の足を踏んでしまうという状況は往々にして存在する。経験や実績が重要視されるシステムエンジニアという職種において、未経験の人間が採用を勝ち取るためには自分を上手くアピールしなければならず、当然提出する履歴書にもそのような対応が求められる。未経験者の場合でもスキルや得意分野、資格などを履歴書に記載することは大事であるが、経験者との差は歴然であるためそうした部分は概略に留めておき、自分の人間力や将来性を全面的に押し出すような書面にするよう心がける必要がある。

まずは開発分野のシステム利用経験と業界の知識をアピールしつつ、好奇心や向上心を大きく持ち合わせている点を強調しておく。特にエンジニアの世界では興味・関心が仕事に対する原動力となるため、一般的な職種の履歴書では採用担当者からあまり顧みられることがない意欲に関する項目は、エンジニア経験が無い者にとっては重要な意味を持つようになる。さらに重要なアピールポイントは発想力とコミュニケーション能力である。

これら二つはシステムエンジニアとしての技能を磨いていくためには必要不可欠の能力であるため、ライバルに差をつけるためにも絶対に明示しておいた方が良い。エンジニア経験ゼロの者が就職を目指すに当たっては不安は必ず付きまとうものであるが、しっかりと自分の人間力をアピールすることで採用勝ち取ろう。

コメントを残す