Archive for the ‘変化’ Category

発展する可能性が高く需要が多い仕事として、システム開発がある。コンピューターの普及はこれからも進み、その開発に関わる仕事には将来性がある。システムエンジニアの人材は必要とされている事から、将来性を感じて情報通信の業種の仕事を選ぶのも判断としてある。しかし、メリットの裏には必ずデメリットも存在している事から、どのような点が不利な要素であるかについて把握することは大切なことである。

情報通信の業種にあたるシステムエンジニアの仕事のデメリットとしては、業界の変化が非常に早いという点が特徴としてある。職人芸を求められる分野では、技術修得のため何十年もの修行が必要な業界も存在している。しかしそのような業界では、職人の技術を身に付けることにより、一生同じ仕事を続けることができる。一方システム開発のエンジニアが仕事で用いるスキルは、数年後には無用となる可能性がある。そのため、業界の先行きを予測して、常に仕事のスキルを修得し続けなければならないということがデメリットである。

このことから、システムエンジニアとして情報通信の業種で仕事を長く続けるためには、業界の流行の変化に対して常に敏感でなければならない。これからどのように業界が変化していくのかについて予測し、そのための対策を事前に立てておくことが求められる。こうしたデメリットの面を容認できるのであれば、システム開発の仕事に対する適正は十分にある。